スピード矯正・クイック矯正+審美歯科|矯正歯科、歯列矯正横浜、東京渋谷のスマイルコンセプト

スピード矯正・クイック矯正+審美歯科|矯正歯科、歯列矯正のスマイルコンセプト
矯正歯科 ホーム > スピード矯正・クイック矯正+審美歯科|矯正歯科、歯列矯正のスマイルコンセプト

治療期間を短縮したい方へ最適

不正咬合の種類、程度、年齢、歯ぐきや個々歯の状態によって矯正の治療期間は様々ですが、あなたの噛み合せに応じた最新の矯正法を組み合わせる事によって治療の質を高次元に保ったまま、治療期間の短縮が可能になってきております。
治療期間を短縮、そして他の矯正治療と同様に「よい噛み合せ」とその結果として生み出される「美しい歯列やお口元」を得る事が出来ます。

スピード矯正・クイック矯正って?

最新かつ高度で精密な技術で治療期間の短縮を実現しました。
「スピード矯正」とは、その名のとおり通常より短期間で行う矯正治療です。
従来型の歯の矯正では、2年半以上となることもありますが、当医院ではその2分の1から3分の2、あるいは3分の1、かみ合わせによりますが半年で終了する方もおります。
治療方法、期間などはお口の状態によって様々です。
初診相談時ご相談ください。

このような方に最適です!

・治療期間を短くしたい。
・歯の抜歯をなるべくしたくない。
・歯科治療結果をより良くしたい。
・矯正装置をなるべく早くはずしたい。
・最近 歯ぐきが痩せてきたような気がする。
・歯ぐきが下がってきたような気がする。
・最近 歯が長くなったような気がする。
・歯の長さを左右で比較してみると明らかに長い歯がある。
・歯の根が短いと歯科医院で指摘を受けたことがある。
・矯正治療の痛みが不安。
・矯正治療後、より歯並び、かみ合わせを安定させたい。

スピード矯正・クイック矯正の各治療法

コルチコトミー(Dr,suya法)併用矯正法

コルチコトミーplus併用矯正法

コルチコトミー(皮質骨骨切開術)は、歯を支える歯槽骨の表面にある骨に少し切れ目を入れ、歯を動きやすくする方法です。

歴史的にみると数十年前より応用されている治療です。Dr,suyaが開発したベーシックなコルチコトミー1:コルチコトミー併用矯正法を用いる場合やスマイルコンセプトではこの方法にさらに改良を加えた2:コルチコトミーplus併用矯正法を追加使用することで、効果的な結果を生むことが可能となってきています。成人矯正の場合、骨が硬く緻密なため歯の移動が遅いのですが、この方法により歯が動きやすくなり、飛躍的に短期間で矯正が行えるようになりました。

質の高い治療効果を得るためには、矯正歯科の知識、技術、経験はもちろん、高度な技術力を要する外科的手法、設備が必要ということ、歯周治療、再生療法の専門知識、技術、設備が必要なため、日本国内でもコルチコトミー併用矯正を安全に行えるのは一握りの医師、医療機関に限られています。
コルチコトミーplusは、術式の改良を行うことによって、治療時間の短縮(おおよそ20分程度)、術後の痛み等の大幅な改善がなされています。あなたの歯並びや目的によって使い分けすることがお勧めです。

加速骨造成矯正法(Accerelated Osteogenic Orthodontics, PAOO,AOO)

Wilckodontics

審美再生スピード矯正法(Tissue Engineered Orthodontics.TEO)

PAOOやTEOは、局所の骨代謝速度を速めて歯の移動を速やかにする次世代の矯正治療法。世界最先端の再生医療の一つです。
(再生医療の分野は、組織工学(ティッシュエンジニアリング)など各方面の研究が世界的に進んでいます。今まででは考えられなかった次世代の治療を行えるようになってきています。再生医療は、歯科分野では、歯周再生療法、インプラント、医学分野では整形外科、形成外科、外科など各医療分野でも応用されてきている高度先進医療です。各専門医による治療ですので、安心して治療を受けて頂く事が可能です。)

矯正の治療期間が早いだけでなく、成人患者さんで、歯ぐきの骨(歯槽骨)がやせている方、歯茎に不安がある方にお勧めな歯周再生矯正治療法。

大人の方で、不正咬合がある場合、歯並び、かみ合わせが悪いだけでなく、不正咬合の為に歯茎やその下の歯槽骨(歯を支える骨)までもにダメージがある方がほとんどです。

通常の矯正法だけでは、歯並び、かみ合わせの治療は可能ですが、歯槽骨や歯茎のダメージの回復までの再生治療は困難です。AOO,PAOO,TEOは歯並び、かみ合わせを治療するだけでなく、歯を支える骨、歯茎までも健康な状態に誘導することが出来る歯周再生矯正治療です。

PAOO,TEOは、本場アメリカでも人気急上昇の治療法で、2006年、2007年アメリカ歯周病学会でも世界の注目を浴び、、近年アメリカのみならず、世界的に注目を浴び研究、治療が進められています。

ページの先頭へ